チャレンジ作品

様々な画材等を使ってチャレンジした作品

チャレンジ作品

チャレンジ作品、まとめて紹介

梅雨に入りました。雨の日は暗く、晴れたら暑い。私の家は大きなアクリル画を描ける環境ではなくなってしまったので(→雨続きの5月)、また絵を描きやすい季節になるまで、普段はやらないことをまとめて済ませてしまいたいと思います。
チャレンジ作品

習作(2022)

 透明水彩とアクリルガッシュの併用を風景でも試してみました。アクリルガッシュの白をべたっと塗るよりも、紙の白を塗り残した方が明るく光っています。(千葉長生 睦沢)
チャレンジ作品

秋のリズム

透明水彩でにじみ、たらしこみ、枯れ始めた草むらの感じを出してみて、その上にフェンスとカラスウリを描いてみました。透明水彩が落ち着いた色なので、アクリルガッシュの発色でもまとまりました。両方の良いとこ取りでうまくいった気がします。
チャレンジ作品

梅雨空に咲く(2019)

 花を描いてみましたが、今のところは惨敗。アクリルガッシュで描きこんでしまったら、花びらのうすくやわらかい感じは出ませんね。描いたのは梅雨の頃。背景で季節感を出そうと透明水彩を使ってみました。違う絵の具を同じ画面に入れたら発色が不自然な気がして、画面を区切りました。
チャレンジ作品

ぼくたちの庭(2020)

動物や人と組み合わせて描いてみたいのですが、なかなか自然な感じになりません。この作品も猫の顔が本当にかわいくない!神社やお寺でスケッチしていると猫が出てくることが良くあります。でも、急いでカメラを向けると睨まれます。
戻る
タイトルとURLをコピーしました